きぬよブログ

Archive | 3月, 2011

根岸橋商店街 お餅つき

地元根岸橋商店街でお餅つき大会がありました。
近くのたきがしら会館に避難されている福島原発避難者の方々も大勢参加して下さいました。
DSC00654.JPG
各地で催しの自粛が相次いでいます。確かに被災されている方々の事を考えると自粛するべきかとも思いますが、
経済活動が停滞すれば、復興活動にも影響が出てきます。
被災地を元気付ける様な催しを行い、そこで寄附を募る事も必要だと思います。

今回のお餅つきも被災者の方を元気付ける意味で決行したそうで、被災者に元気と笑顔を取り戻す役に
少しは立ったのではないでしょうか。

福島第一原子力発電所

今日、後援者の方とお話していると、その方の甥っ子さんが航空自衛隊に勤務され、原発の放水に参加されているとの事でした。

福島第一原子力発電所での放水作業に、自衛隊や消防、東電の社員の方が放射能という見えない敵と戦いながら
命懸けで作業を行っています。
17日に人事院が、福島第一原子力発電所の作業に当たる一般職国家公務員に限って放射線量の許可上限を「100ミリシーベルト」から「250ミリシーベルト」に引き上げる規則改正を行いました。これは放射線量が増加していて、許可量を上げないと作業出来ないということではないでしょうか?

原発の復旧作業にあたっている方々に言葉に出来ないほど感謝いたします。
皆さんが早く家族の元に帰れるようただただ祈るばかりです。

お預かり致しました被災者救援募金を自民党かながわ県連に渡しました

17日(木)JR新杉田駅、20日(日)JR洋光台駅で行った東日本巨大地震救援募金活動でお預かり致しました、297,870円の募金を自民党かながわ県連に渡しました。
自民党より日本赤十字社を通し、被災者支援に活用されます。
皆様のご協力心より感謝致します。
DSC00645.JPG DSC00648.JPG
この募金活動では私自身皆様の暖かいお心の触れました。何度も涙ぐみながら募金活動を行いました。
募金して頂いた上、私たちに対しても有り難うとかお疲れ様と言葉を掛けて下さる方が大勢いらっしゃいました。
たいした力にはならないけど、何か支援したい。被災者の方を励ますつもりで行った募金活動ですが、私自身が励まされました。

今支援活動があちらこちらで行われていますが、支援活動が一事のブームで終わらないようにしたい。
被災者全員が元の生活に戻れるまで忘れないようにしましょう。
「がんばれ!日本」だと他人事の様にも感じます。
なので共に頑張ろうと言う気持ちで「がんばろう!日本」と言いましょう。
日本全国民が他人事でなく、一丸となり『チーム日本』としてこの災害を乗り越えていきましょう。

募金活動にご協力頂き有り難うございます

17日(木)にJR新杉田駅、20日(日)にJR洋光台駅でおこなった東日本巨大地震救援募金活動に297,870円もの募金が集まりました。
皆様の暖かいご協力に心から感謝致します。
お預かりした募金は21日(月)に自民党かながわ県連に渡しました。
自民党で取りまとめ、日本赤十字社を通して、救援者支援に活用させて頂きます。
これからも支援活動を続けてまいります。皆様のご協力を宜しくお願い致します。

被災者受け入れ開始

昨日、私の自宅近くの「たきがしら会館」に福島県からの被災者の方が避難されて来ました。
小さなお子さんを連れた方も多く避難されて来たと聞いたので、我が家にあるタオルなどの生活用品や見知らぬ土地に来て不安がっているお子さん達に
姪っ子の絵本が役に立てばと思い横浜市に寄付を申し出ましたが、今の時点では寄付を受けていないとの事でした。
確かに準備が出来ていない段階で、色々な物の寄付を受け付けると収集が付かないのかもと思いましたが、市役所から区役所・町内会に情報が流れてきません。

今回避難された方は、皆さんこの地区は当然初めて。謂わば転校生。不安だらけだと思います。
近所の銭湯や飲食店、買い物するお店、または銀行などの場所に関する情報を市役所が把握出来、きちんと提供されているのかが心配です。
せめてその様な情報だけでも地域で提供させて頂ければと思います。

神奈川県も県営住宅や県立武道館に避難所を設置しました。避難場所だけを提供するのではなく、受け入れ体制を整え、被災者のケアをも行うべきです。