きぬよブログ

Archive | 5月, 2011

横浜雙葉学園 同窓会

今年も、横浜雙葉学園同窓会が新横浜プリンスでひらかれました。
女子校なので当然先生以外生徒は全て女性。おしゃべりが絶えません。
千葉校長先生のお母さん程の卒業生もいらっしゃり、校長先生もタジタジです。

今回の選挙では同窓生の方の大変大きなお力添えを頂き、これ程までに同窓生の絆を感じたことはありません。
選挙期間中、道を歩いていたら「私も雙葉学園の同窓生なのよ、頑張って!」とわざわざ声を掛けて下さった方もいらっしゃいました。
この学園で学んだ奉仕の心を忘れずに務めてまいります。

森浅間神社 陰祭り

予期せぬ台風と気が早い梅雨の中、森浅間神社の陰祭りが執り行われました。
昔は6月1日の富士山山開きに大祭が行われていましたが、田植えなどの時期に重なるため
大祭を8月にずらし、その代わりに6月1日に陰祭りを執り行うようになったそうです。

その大祭も今年は東日本大震災を考慮し執り行わないそうです。
実は、陰祭りに遅れてしまいそのお話を聞いておらず、「元気を取り戻すためにも元気よく夏祭りを行ってください」と
トンチンカンな挨拶をしてしまいました。

上大岡募集相談員会総会

本日、上大岡募集相談員会総会が開催されました。

東日本大震災での自衛隊の活動には国民全員が感謝しています。
また沢山の若者がボランティア活動を行い、何か人のために役に立ちたいという意識は高まっています。
この春の自衛隊募集には例年に勝る多数の応募があったのかと思いますが、逆に募集は減ったそうです。
自衛隊の献身的な活動を見ていざ自分が行うことを考えると怯んでしまったのでしょうか?

総会の後には、海上自衛隊掃海艇のお話がありました。
戦後海に沈んでいる地雷を撤去したこと、湾岸戦争では他の国が躊躇する程危険な地域の海域での掃海作業などの貴重なお話を聞くことができました。
沈んでいる地雷を爆発させるために、自衛官が火薬を背負って海に潜り地雷に近づいていくけれど、彼らの危険に対する手当は一日800円ほどだそうです。
お金には換算出来ない、「この国を自分達が守る」という強い思いがなければやっていけません・・・。
彼らの表には出ない地道な活動により、今の私たちの平和な生活があるのだと只々感謝するばかりです。

災害対策調査特別委員会

本日、震災対策調査特別委員会が開催され、私が所属する防災警察常任委員会とも重なるため、傍聴しました。
東日本大震災の概要や地震が発生した当時の神奈川県の対応及び現在までの被害等について説明がありました。

被災地はもとより、神奈川県でも液状化や津波・帰宅困難者等想定外のことが発生しました。
自然に対して、災害をゼロにすることは難しいですが、災害を少しでも減らす「減災」が必要です。

今回の地震でも「想定外」という言葉があちこちで使われていますが、あらゆる面で想像力を働かせ想定し、
次に災害が発生した時に「想定外」という言葉が使われないようしていかねばなりません。

特に私たち議員の役割は「如何に想像し想定していくか」だと思います。
私には子供がいません。子供がいないから子育てに関して何も政策を出せないのか?というとそうではありません。
介護に関する政策は、介護を受けている高齢者だけしか出せないのでしょか?
子育てをしているお母さん、介護を受けている高齢者の方の話を聞き、何が今問題なのか?どうすれば解決出来るのかを
想像し想定していくことが必要です。

委員会所属決定

二回目の本議会が開催されました。
議場では着席すると自分の名札を立てなければいけないのですが、昨日は緊張の余り忘れて
途中で右隣の高橋議員に耳打ちされ慌てて立てたので、今日は着席するとすぐに立てました。

本日の議会で、希望していた『防災警察委員会』『産業振興・地域活性化特別委員会』の所属が決まりました。
今回の東日本大震災で神奈川県の防災体制を見直す必要があります。
特に今回の補正予算では、横浜市では発生しないと思われた液状化現象に対する補助金や防災対策検討費が予算案として出されています。

来週の月曜日から始まる常任員会で色々と質問していきたいと思います。