きぬよブログ

Archive | 2017年8月23日

環境農政常任委員会県外調査3日目ー②

県外調査最後の調査箇所は、日本CCS調査株式会社。発電所や工場など二酸化炭素を大量に排出する施設から二酸化炭素を分離・回収し、それを地中に圧入し長期間に渡り貯蔵することにより大気中への二酸化炭素放出を抑制します。パリ協定で温暖化防止に取り組む事が合意され、今後CO2の排出を削減するのに期待が持てる技術で有り、海外では既に大規模なプロジェクトが実施されています。

環境農政常任委員会県外調査3日目ー①

3日目の最初の調査は、北海道コカ・コーラボトリング株式会社。コカコーラは現在200の国々で、1日19億杯も飲まれています。北海道コカ・コーラボトリングでは、札幌市内の白旗山の水源を利用して製品の製造をしていますがあ、製造などで使った水と同量の水を自然に還元する「ウォーター・ニュートラリティー」に取り組んでおり、今年その仕組み作りが達成しました。
また、北海道・(公財)北海道環境財団と協働で「e-水プロジェクト」事業を進めています。これは、同社が販売する「ジョージアサントスプレミアム」の売上の一部を道内の環境保全活動に取り組む団体の事業に対して助成するもので、平成22年から始まり現在までに6,000千万円程が助成されています。
北海道の豊かな水を製品に使用している同社が自然に恩返しをする取り組むでもあると思います。