きぬよブログ
きぬよブログ

厚生常任委員会 県内視察

厚生常任委員会の県内視察があり、
港南区芹が谷の障害者支援施設ひばりヶ丘学園、県立衛生看護専門学校、
川崎市の公益財団法人実験動物中央研究所を調査しました。
ひばりヶ丘は、重度な知的障害の子供たちも入所しており、民間施設では
受入が難しいためひばりが丘に入所しているケースもあります。
県が打ち出している「県有施設の原則廃止」を行った場合、重度な知的障害者の
入所先が無くなる可能性も出てきます。
「民間では出来ないことを県が行う」この基本的なことを忘れてはいけないと思います。

DSC01565.JPG DSC01577.JPG
(入所者の作業作品)                  (ひばりが丘学園)

県立衛生看護専門学校は、準看護師の養成を停止するか否かで
先日の常任委員会でも議論が紛糾した場所。
実際教育を担う先生方のお話を聞けたことは有意義でした。
DSC01585.JPG
(学生の実習に使用されるモデル人形。一体150万するそうです)

公益財団法人実験動物中央研究所(実中研)は、実験動物の研究・開発により
医学研究に貢献することを目的としています。
高品質な実験動物により、よい良い研究結果を得ることが出来るようになりました。
特に遺伝子改変霊長類コモンマーモセットの実用化により、難病の治療に
新しい道筋を拓くきっかけになると考えられています。

DSC01594.JPG DSC01598.JPG
(コモンマーモセット)                  (実験マウスは受精卵で保存)

ブログトップ