きぬよブログ

Archive | 視察

厚生常任委員会県外視察③ーメディポリスがん粒子線治療研究所

本日2箇所目の視察場所は、日本で唯一のリゾート滞在型粒子線がん治療施設の「メディポリスがん粒子線治療研究センター」です。広大な敷地の中に病院とホテルが隣接しており、心身共にリラックスしながら治療を受けられます。今後は陽子線治療に不適用と言われている乳がんの治療にも適用出来る様取組みを進めています。

陽子線治療は現在小児がんの治療も行なっている施設も有ることから、この病院でも小児がん治療を行えば隣接したホテルに保護者も宿泊出来最適な施設になるのではとも思いました。

 

image image

厚生常任委員会県外視察②ー久山町生活習慣病研究所

2日目の視察1箇所目は、久山町ヘルスC&C(チェック&ケア)センター。久山町は人口構成、職業構成、国民栄養調査の栄養比率などが日本の平均と同レベルで日本を縮小した町。50年前から町民の健康調査を行い、現在検診率80%、病理解剖率 275%、追跡率99%での調査結果を基に研究を行っています。高い検診率は保健師が検診を受けない方を直接訪問したり、訪問検診を行うなどの努力によります。
神奈川県でもモデル地区で保健師が検診を受けない方を訪問する取組みを行っており、検診受診率向上は県が進める「未病を治す」事にもつながります。

また、今後2人に1人が認知症になり、その原因は糖尿病を要因とするものが大きいと言う興味深い話も聞かせて頂きました。 認知症予防には運動と食事です。
久山町は日本の将来の縮図です。今後全国的にも本県でも増える認知症の対策を久山町の調査結果を基に進めて行くべきです。

 

image

 

image

厚生常任委員会県外視察①ー九州大学先端医療イノベーションセンター

研究開発を行う大学や企業と臨床試験を行う病院などの医療機関が連携し先端医療の実用化と言う目標に特化した施設です。
特に現在がん免疫細胞療法の研究を行っています。人工的に免疫細胞を増加させ、その働きを強化させる事でがん細胞を抑え込もうとするもので、自分の血液から免疫細胞を取り出しそれを大量に増やし強化させて体に戻します。体に負担なく治療を受けられます。ただ、料金が高く自己負担となることや先進医療では無いので民間の保険でも対応出来ないの事や治験数が少ない事などが課題です。

image image

4 / 4« Top...234