きぬよブログ

きぬよブログ

自民党神奈川県連「決起大会」

5月17日(月)16時より関内ホールにて夏の参議院選挙の向けての決起大会を開催致します。

介護現場の視察会(その2)

藤沢市民病院にてのサムネール画像
最後に訪問したのが「藤沢市民病院」です。こちらでは院内保育所の見学と共に看護師の体制等についてのお話を伺いました。院内保育所が完備されている事で人材の募集や離職者の減少にメリットがある様ですが、病児保育に関しての整備は未だとの事でした。院内保育所なのだから病児保育も今後検討して頂ければと思いました。
今回、看護の現場を視察し現場の方の声を聞き多くの事を学ぶ事が出来ました。この機会を頂きました小川県議会議員には感謝致します。
「自宅で看取って良かったと満足して貰う事が嬉しい」と言う現場の方のお話が忘れられません。看護師の皆さんは喜んで貰うように一生懸命看護されてます。その「一生懸命」がきちんと評価される社会、そしてその想いを持ち続けられる様な現場づくりを行政がお手伝いする必要があると思います。

看護現場の視察会(その1)

ひろき訪問看護ステーションにて かがやき訪問看護ステーションにてのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 
本日は小川久仁子県議会議員からのお誘いで「看護現場の視察会」に参加しました。
まずは、「ひろさき訪問看護ステーション」を訪問し、クローバークリニックの古見看護部長からお話を伺いました。
24時間体制を取っているため、夜中でも緊急の場合に備えて携帯を手放せず、そんな日が月10日位あるそうです。何時電話が掛かってくるかと思うと熟睡出来ず看護師の負担はとても大きいものです。又、訪問看護はその場で看護師が判断する場面が多く看護の幅広い知識と経験が必要となってくるので人材確保も中々難しいと感じました。
次に伺ったのが「かがやき訪問看護ステーション」。こちらは幅広い年齢の方の訪問看護を行っていて小児の在宅看護の場合はお母さん達の精神的ケアも必要となってくるとのお話でした。ご好意によりかがやきを利用されている方のご自宅を訪問させて頂く事も出来ました。この方は、働き盛りの時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、現在は人工呼吸器をつけながら在宅療法を行っています。当初は精神的にも経済的にもダメージが大きかったけれど、子供の成長を間近で見られる事・家族の愛情をいつも感じられる事はメリットだった。病気に対して前向きでご自分の病気と向き合い戦う姿に感銘を受けました。

4月1日より朝の駅頭立ちスタート

駅頭立ち
4月1日より駅頭立ちを始めました。
磯子区内のJR・京浜急行駅計6駅を順番に回り皆様に朝のご挨拶をさせて頂きます。
通勤・通学の際見かけたら、是非声を掛けて下さいね。

お花見

お花見1.bmp

4月3日は地元のお花見でした。桜も満開で大勢の方が参加されました。お手伝い頂いた地元の中学生はお餅つきが初めての様で地元のご婦人から返し手を教えて教えて貰いました。世代を超え交流が出来るのは良い事ですね

61 / 62« Top...606162